自民総裁選本格スタートだがその行方は?

安倍首相の突然の辞意表明から始まった自民党総裁選
当初3強とみつどもえとも言われたがふたを開ければ菅義偉官房長官の優勢ですね。
すでにマスコミも菅官房長官が次期総理大臣として早々と総裁レースよりも菅内閣の閣僚人事に関してのニュースばかりです。

【菅官房長官の代わりの官房長官は?】
関心は早くも次期菅内閣の人事、特に次の官房長官が誰になるか?
マスコミもいろいろな予想を立てています。
河野防衛大臣や萩生田文部大臣などさまざまな名前が飛び交っていますね。

どちらにしても解散総選挙がまことしやかに言われている状況で
・安倍政治の継承
・菅内閣の独自性の打ちだし
それによっても人事が変わってきます。

今回は早々に派閥の領袖からの支持を取り付け④た菅氏
それだけに思い切った人事を行うことには多少の迷いが生じるかもしれませんね。

「人事というものは適材適所である」
と記者からの質問にはおきまりの回答でやり過ごした菅氏ではあるが難しい舵取りを迫られます。

【あつまれ動物の森 でケチが付いた石破陣営】
最近 人気のゲーム「あつまれどうぶつの森」でキャラクターを登場させたことにバッシングを受けている石破陣営です。
ゲーム内で登場する石破氏に模したキャラクターの登場に「政治的主張を認めない」という規約に抵触したようです。
地方に強いとされる石破陣営もこのコロナ禍の中では遊説もできず。あつまれ。どうぶつの森」でアバター(分身)を登場させて話題性や支持を集めようとする作戦は裏目に出たようですね。

【もやは関心は2位3位の話】
しかし、ここまで劣勢になるとは考えられなかったのが岸田政調会長陣営です。
正直 少々華がないというかキャラクターが見えません。
そんなことも総裁選の世論に訴えるという力には少しパンチがききませんでした。
党内においては絶大なる影響力を誇ってはいても、特に解散総選挙がうわさされている今
選挙に勝てる首相
は必須条件でしょう。
しかし、次の次の総裁選を見据えると
2位?3位?では大きな影響を及ぼすかもしれません。

ぶっちぎりの菅氏
2位3位争いの石破氏、岸田氏
どうなることやら?

【自民党総裁選の結果】
ふたを開けるまでもなく菅氏の圧勝でした。
ただ、今回の総裁選 派閥のバックアップを早々に受けてしまった菅総裁
これからの政治運営に支障がなければいいのですが・・・
老人ホームを嫌がる親を施設に入れる手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です