どうなる?台湾の民主の女神

「無許可のデモを扇動した」
その罪で台湾の民主化の女神 周庭さんが有罪判決となりました。
金庫10ヵ月という実刑判決でした。
またその判決が出たのは彼女の誕生日の前日という悲しいめぐりあわせでもありました。
実験判決を受けた彼女にはとても「ハッピーバースデー」とは言ってあげられませんよね。

彼女は才色兼備で日本語もご存知の通りペラペラです、
なんと日本語は日本のアニメで学んだそうです。

そんな彼女は以前に
「改正案が通れば司法の独立が亡くなり、香港で捕まった人が中国の思うがままに裁かれてしまいます¥
と危惧しています。
残念ながらその器具は現実のものとなり、彼女自身がその四方に裁かれてしまいました。

今回の判決は過去の判例とは比べものにならないくらい重い罪ととなっています。

ここで香港と中国の考え方の違いも関係しているんド江ハイでしょうか?

中国からすれば失たものを取り返すものであり
香港からすれば中国に奪われる
そんな両者の意識の違いもあるかもしれm線。

しかし、生まれた時から一国二制度だった周庭さんからすればそれは受け入れがたいもなのは糖是rンといえば当然です。
一国二制度を反故にする中国は明らかに国際法違反だが」、そんなこと関係ないのがい万中国でもあります。
それを世界か国が一丸となって、特に日本もそのことについて自分たちの考えを洗濯して発信する時期かもしれません。

周庭さんの逮捕翌日には香港民主化の中心となってきたアップルデイリー紙の創業者、ジミー・ライさんmこ詐欺罪で収監されてしまいました。
さらには中国に批判的な報道をしてきた香港有線テレビの報道部門の記者40人が一斉解雇もされてしまいました。
もはや香港の中国化は完成寸前でもあります。

しかし、いずれ香港は中国に返ってくる約束があったのに、そこまで急ぐ理由が何なのか?はよくわかりません。
香港を取り返すことを急ぐ理由は意外と中国国内の問題があるのかもしれませんが、どうすれがこの問題が今く解決できるのか?
みんなでしっかりと見守っていかないといけません。
クリアネオ すそわきが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です