スポーツと政治は別物!森元首相にはしご外され立候補断念S氏

来春に予定されている千葉県知事選で何やら自民党が騒がしい。
当初、自民党千葉県連から鈴木大地元スポーツ庁長官を擁立する動きがありました。
当初それに前向きな態度を示していたとされる鈴木氏ですが、一転見送りとなりました。
鈴木大地氏といえばあのナサロ泳法で
ソウルオリンピックの金メダリスト
知名度は抜群です。

出馬断念にはあの森本首相が諭したともいわれています。
「政治家は選挙を乗り越えないといけないが、鈴木君は選挙を知らなすぎる。政治家には向いていない」
との発言も・・・

千葉県知事選には
熊谷俊人千葉市長が出馬表明しました。
熊谷市といえば千葉市議から旧民主党から支持を取り付けわずか31歳で市長に当選。
森田健作現千葉県知事の台風災害の対応やコロナ対策の遅れをたびたび批判しています。
地元新聞記者によると
「市民に寄り添うイメージで人気が高い」
とも言われています。

慈雨元の自民党関係者が行った世論調査では、鈴木氏と熊谷氏では圧倒的に熊谷氏のほうが人気があったようです。
これが森元首相の不出馬を鈴木氏に諭した理由とも言われています。

鈴木氏が政治家になる際に
「出馬の際は政策とお金をよろしくお願いします」
と自民党県議連に公言した話は有名である。
その点からも政治家としての理念には少し疑問が残りますね。

このコロナ禍で知事の政治手腕能力が大きく問われた年です。
おみこしだけで担がれた知事ではその地元の方にとっては悲劇ですし、今回のコロナは命にもかかわる大問題です。
知名度よりも優先すべきは政治的手腕でしょう。
しかし、mそれでは選挙に勝てないのも現実・・・
さてさて自民党千葉県議連は次に誰に白羽の矢を立てるのか?
注目のところです。

なお、鈴木氏には母校・順天堂大学のの特任教授の話があるらしい。
その方が晩節を汚さず賢明な気がするのですがいかがでしょうか?
バサロで政界にもサラバ
と鈴木氏が言ったかどうかは定かではありません。
チャンチャン

イビサクリーム ビフォーアフター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です